原子、電子、軌道

結合原理を議論する前に、まず原子と電子の間の基本的な関係をいくつか見てみましょう。 各要素は、原子核内の陽子の数に等しい一意の原子番号Zによって特徴付けられます。 中性原子には、プラスに帯電した陽子とマイナスに帯電した電子が同数含まれています。 電子は1897年の発見から1924年までの粒子であると考えられていました。1924年には、フランスの物理学者ルイドブロイが波状の性質も持っていると示唆しました。 2年後、ErwinSchrödingerは次のステップに進み、電子を波のように扱う方程式を使用して水素原子内の電子のエネルギーを計算しました。 シュレディンガーは、単一のエネルギーの代わりに、一連のエネルギーレベルを取得しました。各エネルギーレベルは、電子波の異なる数学的記述に対応しています。 これらの数学的な記述は波動関数と呼ばれ、ギリシャ文字のψ (psi)で表されます。