共有結合

化学結合の共有または共有電子対モデルは、1916年にカリフォルニア大学のGNルイスによって最初に提案されました。ルイスは、2つの水素原子による2つの電子の共有により、それぞれが安定した閉殻電子配置を持つことを提案しましたヘリウムに似ています。

image

電子がドットとして表されるこのタイプの構造式は、ルイス構造と呼ばれます。

水素分子H 2を2つの別々の水素原子に解離するのに必要なエネルギー量は、その結合解離エネルギー(または結合エネルギー)と呼ばれます。 H 2の場合、それは非常に大きく、435 kJ / mol(104 kcal / mol)に等しくなります。 H2の共有結合の強さの主な要因は、2つの電子に加えられる結合力の増加です。 H 2の各電子は、孤立した水素原子のように1つの原子核ではなく、2つの原子核の引力を「感じ」ます。