作用機序

有機ヨウ素化合物は、体内を通過する際にX線をブロックするため、ヨウ素を含まない構造とは対照的に、ヨウ素を含む構造を正確に描くことができます。 これらの化合物によって生成される不透明度は、X線の経路内のヨウ素化造影剤の総量(濃度と体積)に直接比例します。 くも膜下腔へのくも膜下腔内投与後、CSF内のイオヘキソールの拡散により、頭と脊柱管のくも膜下腔の可視化が可能になります。 血管内投与後、イオヘキソールはその流れの経路でこれらの血管を不透明にし、著しい血液希釈が起こるまで内部構造の可視化を可能にします。