塩酸アザセトロンの使用と投与量

放射線療法のために、化学療法は、ゆう牙、最初の30分で化学療法はゆっくりと静脈内10mgの後に40mlの生理食塩水で希釈された吐き気、嘔吐を引き起こした。 1日1回、各10mg。

成人手術の予防と治療は、悪心、嘔吐、遅い静脈注射10mgの10分前に麻酔誘導を引き起こした; 術後の吐き気や嘔吐のために、静脈内に10mgほど遅くなることがあります。

吐き気、嘔吐、注射10mg前の治療によって引き起こされるコーンチューブ痛のモルヒネの予防と治療。