レイノルズの薬理毒性

①有効狭心症:in vitro試験では、ラノラジンまたはアテノロールの麻酔後電気心臓ペーシング(200回/サブ)によるSt-Tセグメントの冠状動脈結紮により、十二指腸犬が有意に減少したことが示された。 ラノラジンのこの効果は、血行力学的パラメーターを変更することなく3時間持続したが、アテノロールの使用は、心拍数および拡張期血圧の上昇または低下を伴う。 ラット胃はラノラジンを与え、アドレナリンによって惹起されたSTセグメントを弱める。 これらの結果は、ラノラジンが狭心症に効果的に抵抗し、動態パラメータを変更しないことを示唆している。

②心拍数や血圧に影響しない:慢性安定狭心症患者14人でプラセボを単回盲検法で試験したところ、ラノラジン30mg(1日3回)の2週間後、連続60mgの2週間後にプラセボを服用した(1日3回)、2週間服用する。 結果は、2回投与後の心拍数および収縮期血圧、心拍数および収縮期圧迫は、プラセボ対照群と比較して著しく変化しなかったことを示した。

③新しいメカニズム:既存の狭心症治療薬は、心臓機能(心拍数および/または血圧)を直接低下させることによって機能している。 ラノラジンは、pFOX(部分脂肪酸オキシダーゼ)の阻害剤であり、心臓代謝を変化させることにより心臓酸素需要を減少させる。 心臓代謝は、酸素酸化脂肪酸またはグルコース生産能力の使用である。 正常な生理学的状態では、心筋細胞は主に脂肪酸の酸化能力を使用し、グルコースの使用は少ない。 PFOX阻害剤は、脂肪酸酸化を減少させ、グルコース酸化を増加させる。