アルベンダゾールの毒性試験

遺伝毒性:Ames試験、Escherichia coli試験、CHO-K1突然変異試験などのin vitro試験では、この製品に突然変異は見られなかった。 ヒトリンパ球染色体異常およびラット小核試験でも、この製品が分裂効果を誘導しているとは見られなかった。

生殖毒性:この製品の妊孕性への影響に関する研究は未だ実施されていないが、この製品の長期投与量は1mg / kg /日以上である(その血漿CssmaxおよびAUC0-24hは19閉経後の健康よりも倍、倍、および9倍高い)、卵巣肥大および濾胞性嚢胞が見える。 さらに、この製品の雌イヌの長期投与量は、1mg / kg /日(その血漿CssmaxおよびAUC0-24h)は、それぞれ22時間および16時間の推奨用量での閉経後健康人よりも高いより高い)、目に見える子宮過形成。 動物の生殖器官の影響がヒト妊孕性の損傷と関連しているかどうかは不明である。

この製品を服用している妊婦は、胚毒性を引き起こす可能性があります。 ラットおよびウサギに、製品の口に0.1mg / kg(体表面積)を与え、これはそれぞれ推奨用量の約3/4および1.5倍であり、この製品が胎盤障壁に浸透する可能性があることが判明した。 ラットおよびウサギには、臓器形成期にこの製品が与えられ、投与量は0.1および0.02mg / kg /日以上(体表面積で換算)であり、約3/4および1/3が推奨用量はクリニックと同等であり、妊娠の損失率が増加する(インプラントの損失および移植後の増加、胎児の吸収の増加、生存数の減少)、およびラットの効果に対する用量依存性。 ラットの投与量0.1mg / kg /日以上では、胎盤重量が有意に増加した。 ラットの投与量は1mg / kg /日に達し(血漿CssmaxおよびAUC0-24hは閉経後健常人の推奨用量の19倍および9倍であった)、胚毒性が観察された。 遅れた胚発生(例えば、不完全な骨化および胎児の体重の成長)を含めて、薬剤の投与量におけるラットは催奇性を示さなかった。 ウサギはこの製品に1.0 mg / kg /日以上(体表面積換算、臨床推奨用量の約16倍)の服用量を与え、妊娠に失敗する可能性があります。 ウサギの用量は0.2mg / kg /日(体表面積で換算、臨床推奨用量の約3倍)に達したが、催奇形性は認められなかった。 妊娠中または妊娠中にこの製品を使用した場合、胎児への薬剤の潜在的可能性と潜在的なリスクについて患者に知らせなければならない中絶の

この製品は、多くの薬物が母乳中に排泄される可能性があるため、母乳摂取の女性はこの製品に慎重でなければならないため、母乳排泄では明確ではありません。

発がん性:動物に対する長期の薬物誘発発癌性研究データはない。